Instagram Instagram
Facebook Facebook
Web de Yui

よりそうeネット

みんなでTALK
エネルギーのはなし

みんなでEトーク!

いつもそばにある電気≠サの裏側には、日本ならではの事情や発電方法ごとの長所、短所があります。このコーナーでは電気やエネルギーの基本情報や現在の課題について、紹介していきます。

今回のギモン

電気は太陽光や風力だけでつくれないの?

大切な国産のエネルギーである太陽光、風力などの再生可能エネルギー(再エネ)。石油や石炭などと違い資源が枯渇せず、また、発電する時にCO?を出さないので、活用が期待されています。ただし、自然の力を活用することによる課題もあります。そのため火力発電など他の発電方法のサポートが必要です。

今、使っている電気は、今、発電しています

電気は大量に貯めることができないため、発電する量と使用する量を常に一致するよう保つ必要があります。これは、発電量と使用量のバランスが崩れると、電圧や周波数が変わり、工場などの精密機械に悪影響を及ぼしたり、ひいては停電が起きてしまったりするためです。

だから、他の発電方法のサポートが欠かせません

太陽光や風力などは、発電できる量が天気や時間帯によって変わりやすく、コントロールが難しい発電方法です。将来的には、蓄電池技術の進歩が期待されていますが、現在は発電量をコントロールしやすい火力発電が、太陽光や風力の変動をカバーしながら、発電量と使用量が一致するようバランスを取っています。

コストの面でも、みんなでサポートしています

再エネの発電コストは、設備の規模や天候条件など様々な要因が影響します。だんだんと下がってきていますが、他の発電方法に比べてまだ高い水準です。コストが高い再エネの普及を支えるため、再エネで作られた電気は、一定の期間にわたり固定価格で電力会社が買い取ります。その費用の一部は、国の制度により、すべての電気の利用者が「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」として、電気料金と合わせて支払っています。この負担額は年々増加しています。

まとめ

今日も、そしてこれからも、安定的に電気を使っていただくためには、火力や原子力など他の発電方法と上手に組み合わせながら、再生可能エネルギーの活用を広げていくことが大切です。

【無料】定期送付のお申し込みはこちら