Instagram Instagram
Facebook Facebook
Web de Yui

よりそうeネット

Yui CLUB

2019年、最初の「Yui CLUB」です。一足先は春ですが、木々の芽も堅いこの季節。みなさんはどんな冬を過ごされているのでしょう?
寒い冬に落ち込み気分、悲しい気持ちになってじたばた。そんなお便りがたくさん届きました。自分のマイナスの感情を認めるのは勇気がいりますし、言葉にするのって、簡単そうで案外時間もかかります。
「Yui CLUB」は、そんな読者のみなさんの声が交わるコミュニティの場所でありたいと思います。
自分の気持ちと真剣に向き合い、言葉にした投稿の数々。どんどん紹介していきますね。たくさん語り合いましょう。

お便りへのお便り

46号掲載・相談
子どもの進路は誰が決めるの?

「大人の意向で志望校は決められないけれど…」岩手県・ゆっくんのおかんさんへ

・うちは子どもが選択。「自分が輝けるところを選べ」と言いました。悩んで悩んで、一人決めました。(秋田県・うちも受験生)

・私は子どもに親の意見を伝えてもいいと思います。なぜそう思うのかを言ったうえで、責任を持ってサポートしてほしいと思っています。親御さんは、「経済的な理由や兄弟が多いから」という理由で、大学は国立大学や自宅から通える学校へ入ってほしいというご家庭も多いのではないでしょうか。私の友達にもそうして地元の国立大学に入った人もいます。私自身も子どもは年長児ですが、将来は大学のことを考え、逆算して高校は県内の進学校に入ってほしいと思い、親として何をすべきか、日々模索しています。「レールを敷く」というと、顰蹙(ひんしゅく)をかうかもしれませんが、子どもが安心して列車を走らせられるようなしっかりしたものでないと、それこそ「見栄」と、とられかねないので、子どもの学習に責任を持って支えてほしいと思います。ただ、SGH、SRHといっても、メリットだけではないかもしれません。私もSGHの指定を受けた高校を出ていますが、学校は荒れていたし、理系大学への受験が制限されていたため、正直、良い印象を母校には持っていません。いずれにせよ、お子さんが、幸せな学校生活が送れる環境に出合えるといいですね。(秋田県・chigetan)

・私も現在中3の息子がいます。受験は子どもと親が心を一つにして挑むものだということを、今実感しています。お互いの気持ちがすれ違ったままだと、受験そのもの、あるいは入学後に目標を見失うことになりかねません。志望校を決める際は、親子でオープンスクールに行くなど、各学校の特色をよく理解し、そこで何をしたいのか、あるいはさせたいのかをよく話し合って、お互いが納得して決めるといいと思います。わが家の場合も、親の一方的な気持ちが強すぎて本人は不満だらけでした。結果、成績はガタ落ち、さまざまな問題行動もありました。何度も衝突しながら話し合ううちに、子どもの気持ちを尊重していなかったということに気がつきました。その後は親子関係のたて直しを含め、受験対策に一緒に取り組んでいます。私の職場は高校なので、各校でいろいろなお子さんと接して思うことは、“どこの高校に入ったか”ということよりも“3年間をどのように過ごしたか”が大切だということ。最後に花開く学校に入学できるよう家族で頑張ります。(宮城県・春よこい)

46号掲載・相談
片付けポイントとキレイをキープする方法

「おすすめの収納アイデア紹介願います」宮城県・ペコちゃんさんへ

・最近、生活のことで関心があるのは「コンパクトなシンプルライフ」です。いろいろな物事を合理化し、コンパクトにするよう工夫しています。不用品は、フリマや福祉バンクへ寄付したり、リサイクルショップに売ったりして処分しています。家中スッキリし、本当に要るもの大事なものだけになりました。また、捜しものも効率よく捜しやすくなり、なにより掃除がしやすくホコリがたまりにくいのが良いです。収納スキルももちろん大事ですが、まずは断捨離。モノを減らすことのほうが大事かと思います。モノを厳選しスッキリすれば、案外収納にこだわらなくても済み、そもそも収納のためのハコモノを買わなくてもよくなります。その上で、「取り出しやすく使いやすい、見やすく元に戻しやすい」、場所ごとに関連づけた収納が基本ルールです。(岩手県・よしうさ)

46号掲載・相談
久々の社会復帰。もう仕事は務まらないの?

「折れた心を前向きにする考え方、教えて」秋田県・もじゃ姉さんへ

・私にも似たような経験があり、わが事のように思えて、思わずペンを執りました。リラックスして楽しめる自分だけの趣味を見つけてはいかがでしょうか。私は山登りが好きで、天気の良い日の早朝に1人で楽しんでいます。山頂に着くときれいな景色に癒されるし、汗をかくことがとても気持ちよくて良い気分転換になっています。自分の心を元気にする方法を見つけて、どうぞ自分自身を労わってあげてください。少しずつ少しずつ前を向く力を蓄えていけたらいいと思います。無理せずに一歩ずつ…。お互いに頑張りましょう。心から応援しています。(新潟県・水玉うさぎ)

・仕事や人間関係で疲れてしまう気持ち、とても共感できます。失敗すると自信をなくしてしまいますよね。でも、どうか失敗した自分を責めすぎないでほしいです。私はまだ若輩者ですが、仕事で失敗したときは、「どこに問題があったのだろう」と思うようにしています。つまり、「自分だけの失敗として捉えない」ということです(笑)。責任転嫁はだめですが、問題をまっすぐに捉えると、次のステップになります。いつでもチャレンジできます。頑張りましょう。(新潟県・マスコン)

・もじゃ姉さん、その後お元気ですか。実力のなさで落ち込んでいるようですが、そこは悩まなくてもいいですよ。だって初めから何でもできる人なんていないし、1年の間に仕事や流れを覚えるんですもん。人間関係でも立ち直れない様子。辛かったですね。もしかすると上司、先輩や同僚に恵まれなかったのかもしれませんね。仕事を教えない罪もありますよね。仕事って失敗しないと覚えられないこともあります。だって失敗しないと振り返らないでしょう。失敗は次に繋がるものです。今回のパートは苦い経験になったかもしれないですが、無駄ではありませんよ。よい勉強になったと思います。もじゃ姉さんが頑張った証です。暖かくなったら、またスタートできるといいですね。(宮城県・コバッチ)

・私も今、専業主婦をしている身で、子どもが大きくなったら仕事をしたいと思っています。同じ悩みに悩むと思います。もしかしたら、前職にこだわっていたり、子育てをするうちに向いている仕事が変わったりしているかもしれないです。全く違う職種にチャレンジしてみるのもいいかもしれないですよ。(福島県・なえ)

はじめてのお便り

相談
孤独感から抜け出す方法

引越ししてから一人も友達ができません。転勤族で前に住んでいたところでは、人柄の良い土地のためかすぐ多くの友人ができましたが、娘の通う幼稚園でも気の合う人はいません。主人の実家が近くなったため、親戚づきあいも増えたのですが、苦手な人ばかりでストレスがたまっていきます。逆流性胃腸炎や、偏頭痛が悪化して入院したりもしました。もっとポジティブな心を持ちたいのですが…。(秋田県・もーふもふ)

相談
いつ? どうやって? 難しいよ性教育

小2と年少の男の子の母です。長男のお友達のママから「性教育」についてチラホラ話が出るようになりました。そして最近、気になることもあり、「いよいよ話をする時期かな」と思いはじめました。しかし、私は性教育について教えることに自信がありません。私自身、性について話すのも苦手。主人にお願いしても「オレは話さない!」の一点張りです。また、私は女性の中で育ってきたので、男の子のアレコレも指摘されないと分かりません。調べるにもどこから調べていいのか…? 苦手な分野なので、なかなか勇気も出ません。子どものことなので、割り切らなければと分かってはいますが、なかなか難しいです。そこで、Yuiの読者の先輩ママさんたちに、男の子の性についてどう向き合ってきたのか、どう教えていったのかもお聞きしたいです。(福島県・リトルママ)

相談
観葉植物のカビ対策

家で観葉植物を育てているのですが、土の上や植木鉢にうっすらとカビ?! のようなものが生えてしまいます。特に冬の季節は窓の開閉の機会が少ないからか、水やりの量などを注意していても、顕著に発生するので悩んでいます。寒い地域で暮らしているからでしょうか。室内で上手に植物を育てている方、教えていただけるとうれしいです。(青森県・青森暮らし12年)

質問にお答えします!

質問
住宅用の太陽光発電、買取制度の終了時期と売電価格を教えて

わが家は、太陽光発電を利用していますが、いつまで買い取りしていただけるのか、金額の変動なども気になっています。(宮城県・虎太郎ママ)

ほかにも、「売電が終わったらどうしたらいいの?今のうちから知っておきたいです」という質問をいただきました。

お答えします!

・2019年11月以降、それぞれの契約期間に合わせて順次、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(以下、FIT)の買取期間が満了します。FIT契約期間満了後の太陽光発電の活用方法に関しては、主に次の2つが想定されます。
@余剰電力を蓄電・蓄熱機器に貯めて自家消費する。
A自ら選択した小売電気事業者等と自由契約のうえ、余剰電力を販売する。
売電期間を終えようとしているご家庭では、ご不安、ご不明なことがたくさんあると思います。東北電力では、買取期間が満了した住宅用太陽光発電を所有するお客さま向けに、再生可能エネルギーの活用サービス「ツナガルでんき」の開始について公表しており、前述の自家消費や余剰電力の買取など、発電した電気の利活用につながるサービスをご提供する予定としています。買い取り価格や関連サービスの詳細については2019年6月頃に公表する予定ですので、もう少々お待ちください。

FIT契約期間満了後のお客さま向けサービス「ツナガルでんき」
(参考)資源エネルギー庁ホームページ「どうする?ソーラー」

Yui CLUBへの投稿をお待ちしています!

「Yui CLUB」は、読者のみなさんのお便りによる交流の場です。下記のようなテーマで、読者のみなさんに聞いてみたいこと、伝えたいことを、YuiシートまたはYuiホームページの「ご意見・ご感想」欄にご記入の上、お送りください。

テーマ
暮らしの中で感じた衣食住の疑問や思わぬ発見、地域情報

時短料理や保存食の作り方、掃除や収納の不便を解消する方法、子育てについて不安に思っていることなど、知りたいこと、紹介したいことをお寄せください。また、みなさんの地域でオススメのお祭りやイベント、おいしい伝統料理や穴場の観光スポットなどもお知らせください。

テーマ
今号掲載のお悩みにもアドバイスを

読者から寄せられた家事や子育てのお悩みに、ヒントやアドバイスをお願いします。

*文章の趣旨を変えずに直したり、削ったりする場合もあります。 掲載された方には規定の謝礼を差し上げます。
*掲載時の匿名・ペンネーム希望の方は明記ください。

【無料】定期送付のお申し込みはこちら